技術研究会概要
業務実績
会員構成
3D測量データ紹介
お問い合わせ
ダウンロード
技術研究会概要
  • 研究会の目的

    3Dレーザースキャナーの計測による3次元測量技術の普及・進歩・改善を図ることを目的としています。


  • 3Dレーザースキャナーとソフトにより主に以下のことができます。

    1. 位置情報が瞬時に測定できる。(X,Y,Z,RGBと照度)
    2. 350mまで計測可能なので、人が近づけない災害箇所等で活用できる。
    3. 図面と写真の重ね合わせができる。
    4. ビジュアル的に見れるので、説明や状況把握が容易。
    5. 3次元完成予想図が段階的にみれる。(地元説明会等で効果的)
    6. 土量計算や面積計算及び断面計算において、任意の箇所で計算できる。
    7. CADデータとして活用できる。
    8. 維持管理システムやGISに利用できる。

  • データの有効活用と情報開示及びコスト削減が期待できる。
Copyright 2004 J3D Laser Scanner Technology a society for the study.